キミエホワイトってどう?40歳からの美白ケアに医薬品を選んだ話 > さてさて、冬が目前に迫ってきましたね。一年、早す

キミエホワイトってどう?40歳からの美白ケアに医薬品を選んだ話

42歳、ある程度化粧品には、お金をかけてきたつもりですが子育てしていると自分の事よりも子供にお金がかかって余裕がありませんよね?そして今になってシミが気になる気になる・・・。化粧品じゃ無理だ!薬に頼ろうとテレビCMのキミエホワイトを見て思って早速ネットで購入

さてさて、冬が目前に迫ってきましたね。一年、早す

さてさて、冬が目前に迫ってきましたね。一年、早すぎるでしょ…(´Д`)寒さを感じ始めると手先や顔の皮膚もカサつき始めて気になりますよね。

今シーズンの乾燥肌を確実に防ぐためにぜひ積極的に取り入れてほしい栄養素はずばり、「亜鉛」です!亜鉛は人が外部から摂取する必要のある必須ミネラル16種の内の1つでお肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのにとっても重要なんですよ^^特に牡蠣やレバーに亜鉛は多く含まれていますが、普段の食生活では牛肉、たまご、チーズなどにも多く含まれていますのでぜひ普段の食事で取り入れてみてくださいね!いちご鼻、それは鼻の毛穴が広がり黒く目立つ様を言います。
いちご鼻を綺麗な状態にするには、気長にお手入れをしていく必要があります。気になる角栓がポツポツと鼻の頭に出てくると、ぐぐっと指で絞り出す人もいると思いますが、肌に過剰なダメージを与える場合もあるため気をつけなくてはなりません。刺激をお肌に与えると、その皮膚を守れとばかりにメラニン色素が生産されます。

日焼けをすると肌が黒くなっていまうのは、このメラニンが皮膚を守ろうとしている結果なのです。

詰まっている角栓を指で押し出す行為は、刺激によって排出されたメラニン色素で皮膚が黒ずむ要因となり得るのでお勧めしません。
頬はカサカサなのに額が脂でテカテカ…一般的に混合肌と呼ばれていますが、適当にスキンケアするのではなく「洗顔はこすらずとにかく優しく、保水と保湿は洗顔直後に」とスキンケアの原則をしっかり丁寧に、素早く行うことで改善してきました。



自分の肌タイプに合わせて洗顔料やスキンケア用品を揃えることも大事ではありますが、それは「基本がしっかり出来ている」ことが前提なんだなぁ…と実感。とはいえ面倒な時はその基礎を適当に済ませてしまうこともありますが、すぐさまあのカサテカ混合肌に戻ってしまうのです…常に「基本を大事に!」しましょうね☆いつもお肌のお手入れをする際に注意しているのは、やはり保湿に尽きます。


お風呂上りには真っ先に化粧水をお顔にパシャパシャと、これでもかとなじませます。その後は必ず、美容液成分入りの乳液で蓋をするようにしています。


私が愛用しているのは、ヘチマ水です。価格も大変お安いので、たっぷりと使っても気になりません。

顔から下、胸元までパシャパシャとつけていきます。このスキンケアを何年も続けていますが、肌に異常が出たことがありません。



整ったお肌を作る土台が毎日の洗顔にあります。

洗顔方法を正しく学ぶことが、美しく整ったお肌へと続く近道なのです。


洗顔と聞けば手で洗うだけと思われがちですが、それは大きな間違いです。



正しい洗顔とは泡立てた洗顔料で優しく顔を洗うことを言います。顔と指が直に触れないように、肌の上で泡を転がすのをイメージすると肌を傷めない正しい洗顔になります。

洗顔後、すぐに化粧水や乳液、美容クリームなどでちゃんと保湿することも忘れないでくださいね。
乾燥肌には内側と外側からのケアで対策しましょう。

乾燥肌対策は保湿が全てです。

数々の野菜や果物を食べてビタミン等の栄養補給をし、お水を大量に飲みます。


そして化粧水をつけた後にはクリームや美容液でしっかりと保護します。



身体の中と外、両方から改善していくことが大切です。



秋も終わりに近づき、寒くて仕方のない冬の到来が間近に迫る今日この頃。読者の皆さんはお肌の冬対策は万全ですか?冬は乾燥肌、敏感肌さんにとってはとっても厳しい季節です・・・。



お肌のお手入れで「保湿」は何よりも重要視される工程です。
どこでも見聞きする言葉ですが、冬場は特別保湿に努めましょう。寒さでお肌が冷たくなりすぎるのを防ぐために、例えばマスクやマフラーで顔を覆ってしまったり、積極的に体を使って汗をかくようにすることも大事な事です。



合わせて化粧水も"弱酸性"のものを使用するようにさらに良いです。今冬は透き通るような潤いのある美肌を頑張って作り上げましょう!頬や顎に繰り返しニキビができてしまう所謂「大人ニキビ」にここ最近悩まされていて、朝は顔を水で洗い流して化粧水をつけるだけにして、外に出る際にはニキビが悪化しないように日焼けを避け、メイクの際には紫外線対策の為にUVカットコスメと日焼け止め入りのBBクリームをダブルで使って、帰宅後にはすぐさまメイク落としでしっかりと化粧を洗い流し、入浴は必ず半身浴で代謝を上げて汗を出すようにしていて、お風呂の後にヘアドライする前に、化粧水とコットンで顔をパックしてしっかりと潤わせてから乳液で保湿をするようにして、大人ニキビの原因となる乾燥や肌荒れがないように努めています。
Copyright (c) 2014 キミエホワイトってどう?40歳からの美白ケアに医薬品を選んだ話 All rights reserved.
▲ページの先頭へ