キミエホワイトってどう?40歳からの美白ケアに医薬品を選んだ話 > お肌がカサカサの乾燥肌、洗顔後や起床後は、ピリピ

キミエホワイトってどう?40歳からの美白ケアに医薬品を選んだ話

42歳、ある程度化粧品には、お金をかけてきたつもりですが子育てしていると自分の事よりも子供にお金がかかって余裕がありませんよね?そして今になってシミが気になる気になる・・・。化粧品じゃ無理だ!薬に頼ろうとテレビCMのキミエホワイトを見て思って早速ネットで購入

お肌がカサカサの乾燥肌、洗顔後や起床後は、ピリピ

お肌がカサカサの乾燥肌、洗顔後や起床後は、ピリピリと痛いですね。乾燥肌には保湿が最重要なのです。

数々の野菜や果物を食べてビタミン等の栄養補給をして、そして水分もいつもより多めに摂りましょう。外部的には化粧水の後に肌の水分の蒸発を防ぐクリームや美容液をぬりましょう。体内からと体外からもケアしてあげることが大切なのです。

ニキビは、おでこや鼻のまわりといった、皮脂の分泌が良い部分にできるものという印象を持ってる人が多いかもしれません。実際、ニキビは顔だけでなく背中にもできることをご存知でしょうか。背中にできたニキビは、自分ではなかなか見づらいので、特徴として気づいた時には悪化しています。


シャンプー等が付着しやすい背中は、汚れが落ちにくい場所です。意識して洗い、背中ニキビを出来にくくしましょう。日頃のスキンケアとして気を付けていることは、何よりも保湿です。お風呂上りには真っ先に化粧水をお顔にパシャパシャと、これでもかとなじませます。



その後は必ず、美容液成分入りの乳液で蓋をするようにしています。
私が長きに渡って愛用してきたのが、ヘチマ水です。
価格も大変お安いので、気にせずたっぷりと使えます。顔から首、胸元と広い範囲に使えます。

この方法でスキンケアするようになってから肌トラブルを抱えたことはありません。
顔の中でも特に目立つ鼻の毛穴の黒ずみ、それこそがいちご鼻です。


いつまでもいちご鼻でいたくないのであれば、お手入れはきちんと根気強く続けなければなりません。鼻の角栓が気になるあまり、ついつい指で押し出したくなってしまうのですが、肌の今後を考えて我慢しましょう。

薄い皮膚で覆われた顔の肌は刺激によって防衛反応としてメラニン色素が分泌される仕組みになっています。日焼けをすると肌が黒くなっていまうのは、このメラニンが皮膚を守ろうとしている結果なのです。
無理やり角栓を出そうとすると、メラニンの防衛反応が働いて肌に黒ずみを作るきっかけを作ってしまうので避けましょう。
洗顔が肌を乾燥させる原因の一つです。



女性はメイクをするとクレンジングで落としてそのうえ洗顔料で洗顔することが多いです。



その時に、クレンジングや洗顔フォームが皮膚に必要な油分まで洗い流していることが考えられます。W洗顔は年齢を重ねた肌には、加齢による油分の減少もあり、さらに乾燥が進んでいってしまいます。そのため洗顔後に化粧水や乳液を使い保湿をし大切なことは洗顔後のケアです。
カサカサと乾燥しがちな頬に、テカテカと脂が光ってしまう額…典型的な混合肌ですが、スキンケアの基本に則りしっかりとスキンケアの鉄則である「ゴシゴシ洗い厳禁、保水&保湿必須」をきちっと入念に、ささっと行って良くなりました。自分の肌の状態を理解した上で様々なスキンケア化粧品を収集することも大切かもしれませんが、それは「基本がしっかり出来ている」ことが前提なんだなぁ…と実感。とはいえ面倒な時はその基礎を適当に済ませてしまうこともありますが、その後のお肌はもちろん乾燥&脂の混合肌です…基本を忘れずに!の心掛けが大事!歳をとると現れてくる数々のシミにシワ、透明感のない肌にたるんだ顔などお肌に悩まされることも頻発するようになり解消したい悩みだらけで困ってしまいますよね。今はそんな色んな悩みに対応したスキンケア商品があるので、ついあれもこれもと買ってしまいがち。


それならば異なる効果を持つ化粧品をいくつも使用して手間を掛けるより、まずはひとつの悩みに対してじっくりとケアしてみる方が高い効果と満足度を得られるのではないか、と思います。まずは自分の一番気になるところを一点集中でやっつけるつもりで、私はお肌のケアを続けています。


お肌のお手入れの基礎となるのが顔の洗い方です。

自分の洗顔を見直し正しい方法で行うことこそ、美肌への近道になります。



洗顔を水で顔を擦るように洗うのを想像するかもしれませんが、これはやってはいけない洗顔方法です。

洗顔は良く泡立てた洗顔フォームを使用してこそ、正しい洗顔と言えます。

指が顔に直接触れてしまわないように、顔の上で泡を滑らせるようにすると肌に負荷をかけない本当の洗顔ができます。

洗顔の後にはすぐさま化粧水、乳液、美容クリームを使用して、保湿することも大切です。

Copyright (c) 2014 キミエホワイトってどう?40歳からの美白ケアに医薬品を選んだ話 All rights reserved.
▲ページの先頭へ